読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんてことないはなし

日々の記録として

今回の件

正直Twitterでの揉め事や炎上に加担して良いことなんて一つもないのだけど、今回ばかりは何事もなかったかのように収束していくのを無言でニコニコ見守るほど人間できてはいない。

 

横尾さんの件について。

 

この問題がTwitterで話題になり始めたのは先週のキスブサが終わった位かな。一部でザワザワし始めて、これは騒ぎになるのも時間の問題だなーなんて思っていたら、あれよあれよという間に想像以上の炎上。

 

私自身横尾さんと男女の仲になった女性を「女様」と呼称している位には今回の熱愛騒動は待ってました案件だったのだが、正直私のような変態なぞ少数派。TLでも大勢のフォロワーさんが傷ついていたし、それを見ているのも辛かった。

 

 

最初はこういう心境。ただ、みんなが傷つかないように・・・なんていうのは無理な話で。頭で理解していても感情が追い付かないこともある。悲しいっていう気持ちはどんな理屈があっても覆らないもの。仕方ない。

 

ただ、この時点で色々な意見を目にしてしまって、嫌な予感はしていた。

 

 

 

予感的中。毎日のようにあることないこと情報が飛び交って、それがまるですべて真実かのように広まっていって、それはもう酷い言われよう。見に行った私も悪いんだけど。自担の身に何が起こっているかくらい把握したかったので。

 

ちょっと待ってくれ。汚い言葉で自担(に限らずだけど)を罵っている人は、こんなきな臭い情報を全て信じているの??確かに真実かもしれない。でも、真実ではない可能性もある。もし真実じゃなかったらどうするの?職場や写真や名前まで晒された彼女がもし噂されているようなことが真実ではなかったら、利用されているだけだとしたら、横尾さんがハメられていただけだとしたら、これだけ誹謗中傷して騒ぎ立ててどう責任とれるの?(いや、真実ですけど。とかいう類のクソリプは受け付けておりません)

 

私も若い頃、躁鬱病の暴力男にきっぱり別れを告げた後、地元の若い子が良く見ている掲示板に本名と住所と職場、家族構成や父親の仕事まで晒された挙句ヤリ〇ンだと書き込まれたことがある。もちろんヤリ〇ンの部分は事実無根。(清廉潔白な)私は図太いタイプなので、削除依頼だけ申請して後は放っておいた。反応することが何よりも相手の思うツボなので、動じるかよバーカと思っていたが、さすがに車で見知らぬ人に待ち伏せされたりするのは気分のいいものではなかった。それを見て、一体どれだけの人間が本当の話だと思うのだろう。書き込みに男と私の写真でものせたら、これがセ〇レなのかと思うのだろうか。バカバカしくて笑ってしまう。

 

ニュースを見ていてもいつも思う。本当にこの人は犯人なのか。容疑がかけられた時点で人はまるで犯罪者扱い。そうかもしれない、でも違ったらどうするの?冤罪だったらどうするの?

 

言葉で人は簡単に殺せる。

 

いじめも同じ。みんなが言ってるから、きっと本当だから、悪いのはあの人だから。いつのまにかどんどん自分が正義なような気がして、相手を責めることになんの痛みもなくなって、明るみに出て初めて自分が『いじめ』をしていたんだということに気がつく。そうならないと気が付かないし、そのまま忘れてしまう。受けた側にだけ、忘れられない確かな傷が一生残る。

 

そして、本気で悪意を持って人を騙そうと思っている人間を見抜くことなんてほぼ不可能だと思っている。騙す側が余程頭が悪くない限り。

 

Twitterは好きなことをつぶやく場なので、わざわざ人を嫌な気分にさせてまでこういった指摘をしたくはないし、怒りのベクトルが周りと違いすぎて浮いてしまうに違いないし、息巻いて出ていったもののこいつは一体何を言いたいのかと思われるのも辛い(笑)また、心配しているつもりがネガティブキャンペーンに加担してしまうのでは・・・という指摘も頂いたので、今回の気持ちを自戒の念も込めてブログに書き留めることにした。

 

キツイ書き方をしたのでブログを読んで嫌な気持ちにさせてしまった方がいたら申し訳ない。もちろん違う考えの方も多くいると思うし、考えを強要するつもりもない。

 

自担がもし後悔するような考え方や行動をとっていたのだとしたら、これからの頑張りを見て応援していきたいと思うし、そうではないのなら、何も気にする必要はないわけで。真実なんてわからないのだから、いずれにしろ応援スタンスに変わりはない。相変わらずすね毛がどうとか言いながら妖怪のように応援し続けるのだと思う。

 

もし横尾さんにもし一言声をかけられるとしたら「大丈夫だよ!!!」って背中をパシンッと叩いてあげたい。(あ、声かけるだけじゃなくて触っちゃった)(キレられそう)でも実際に声をかけることはできないので、ハガキを書こうと思う。

 

またいつも通りの笑顔でみんなの前に出てきてくれることを心から願っているし、信じている。横尾さん、頑張れ。

 

 

広告を非表示にする